千葉での葬儀が無宗教の場合香典は?

無宗教の葬儀は、宗教上の決まりごとがないため自由葬とも呼ばれています。

自由葬の場合香典はどうなるのでしょうか?

・無宗教の香典

無宗教でも葬儀に参列する場合は香典を持参します。

この場合悩むのが表書きですが、どの宗教でも通用する御霊前か、お花料とするのが無難でしょう。

実際に千葉でも自由葬を行うケースが増えていますが、この場合香典はお花料とする事が多いようです。

香典袋は不祝儀袋や、白地の無地の封筒などでもOKです。

当日千葉以外の場所に居て、葬儀に参列できない場合は弔電を送り、後日香典を郵送します。

・その他葬儀にまつわる疑問

宗教に関する儀礼などを一切行いませんから、僧侶の読経も、賛美歌を歌う事もありません。

葬儀に関しては自由なスタイルで行えますが、遺骨をどうするかという問題が出てきます。

一般的なお寺にあるお墓には入れませんし、霊園なら宗教を問わないところもありますが、空いているとは限りません。

この場合は散骨をする事もできます。

葬儀が済んだ後の法要などもありませんが、命日には故人を偲び親族が集まって食事会をするという形で法要の代わりにする事ができます。

・まとめ

最近は全国でも自由葬を選ぶ人が増えていますが、年配の方にはなかなか理解してもらえず、葬儀スタイルで揉める事などもあるようです。

自由にできる、戒名など余計な費用をかけなくて済むなどメリットもありますが、遺族や親族とよく相談して決める事も大切なのかもしれません。

※葬儀社の人とも話し合って決めましょう–>千葉県での葬儀なら【博全社】