千葉の葬儀での献花や焼香のマナー

千葉での葬儀で行う献花や焼香にはそれぞれマナーがあります。

いつ何時やってくるかわからないものですが、そうなった時マナーを知らないと恥をかく事になるかもしれません。

・焼香のマナー

焼香の回数については特に厳しい決まりはありませんが、宗教によっては何回と決まっている事もあります。

特に決まりがない場合は3回行うのが一般的です。

参列者が多い場合は1回にする事もあります。

マナーとしては、自分の番が来たら、焼香台の前に行き霊前に一礼します。

抹香を使う事が多いですが、線香で行う場合は火を消すとき口で吹き消すのはNGとなりますから、手で払い火を消します。

抹香の場合は利き手の親指と人差し指、中指でつまみ、押しいただいてから香炉に入れます。

済んだら合唱して一礼したあと席に戻ります。

・献花のマナー

仏教の葬儀では焼香をしますが、キリスト教では献花をします。

順番が来たら祭壇までいき遺族に一礼し、花を両手で受け取ります。

この時花を右、茎を左に向けます。

献花台に行き花を自分の方に、茎を献花台の方に向け献花台に置きます。

信者の場合は十字を切りますが、信者以外は一礼や黙祷でOKです。

・まとめ

このように宗教により形が異なりますが、キリスト教でも焼香をする事はあります。

この場合は葬儀のスタイルに合わせます。

実際に千葉の葬儀でどうしていいかわからない場合は、他の人がどのようにしているかを見ておくのもいいかもしれません。

あまりジロジロ見るのは失礼ですから、さりげなくチェックしましょう。